また、トップページからこのページまでのアクセスの経路を示す情報を提供しています。この情報は、ページの先頭付近と終端付近で合計二度提供されていますので、この情報が二度目に出現した箇所を、ページの終端と捉えていただくことができます。一度目の出現はこのご案内の直後です。すなわち、次のような形式で提供しています。以上で、ご案内を終わります。


HOMEその他『新世紀エヴァンゲリオン』備忘録第拾壱話 静止した闇の中で


第拾壱話 静止した闇の中で

ネルフ本部の大停電を背景にした、ユーモラスな描写の多いエピソード。科学文明に頼りすぎた生活に対する問題意識が込められているあたりも、庵野監督作品らしい。初号機、零号機、弐号機が同時に活躍するのは、これが初めて。シンジ、レイ、アスカの凸凹トリオぶりも楽しい(青山注:「凸凹」は「でこぼこ」、「凹凸」は「おうとつ」)。

邦題
第拾壱話 静止した闇の中で
英題
EPISODE:11 The Day Tokyo-3 Stood Still
放映日時
平成7年12月13日
脚本
榎戸洋司
庵野秀明
絵コンテ
摩砂雪
演出
渡邉哲哉
作画監督
河口俊夫

目次

A パート

Cut 3 缶コーヒー

青葉シゲルが買った缶コーヒーは、UCC のオールドタイプがモデルになっている。庵野監督は、UCC の缶コーヒーを昔から愛飲しており、『トップをねらえ!』の1話にも同じ缶コーヒーが登場している。

Cut 4 ギターケース

青葉が背負っているのは、エレキギターが入ったギターケース。青葉はギターを弾くのが趣味であり、いつもギターを持って歩いている。

Cut 5 コインクリーニング

リツコの洗濯物はいつものブルーのシャツと白衣ばかり。リツコとマヤは出勤時に一緒にコインクリーニングに来ていた。恐らく、二人の住居は近い場所にあるのだろう。青葉は仕事のために昨夜は住居まで帰れず、どこかに泊まり、睡眠をとった様だ。

Cut 27 零号機・改

ヤシマ作戦で大破した零号機の、久々の登場。胴体等のパーツが弐号機と同じものに換えられており、ボディカラーもブルーに変更されている。

Cut 49 選挙ポスター

煙草屋の隣に選挙ポスターの掲示板が立っている。掲示板に貼られているポスターはわずか3枚である。

Cut 63 高橋覗

高橋覗は第3新東京市の市議選立候補者。彼のネーミングは、この話の作画を担当したスタジオジブリのプロデューサーの高橋望からとられている。

Cut 84 使徒の数

国連軍の軍人は、このエピソードの使徒を8番目の使徒だと言う。だが、ネルフの数え方では9番目にあたる。このギャップは国連軍側の情報不足によるものと思われる。国連軍側は、15年前に南極に現れてセカンドインパクトを起こしたのが第1の使徒で、第壱話に登場したのが第2の使徒であると認識しているのだろう。

Cut 89 JASDF

国連軍軍人手前の灰皿に「JASDF」という文字が印刷されている。この後に登場するセスナの底面にも同様の名称が記されている。これは、Japan Self-Defence Force の略。すなわち、日本航空自衛隊である。この時代、日本の自衛隊は陸海空の全軍が国連軍に編入されており、第六話に登場した戦略自衛隊のみが日本国の指揮下にある。

Cut 98 マニュアルカード

プラスティックのケースの中に紙のカードが入っている。緊急時にはケースを二つに割って、中のカードを取り出す。

アイキャッチ

この話の英文サブタイトルは「The Day Tokyo-3 Stood Still」。勿論これは SF 映画の古典「地球が静止する日」(1951・米)の英文タイトル「THE DAY THE EARTH STOOD STILL」からの引用。

目次へ戻る(C)

B パート

Cut 240 セルモーター

このエピソードでは、ディーゼルエンジンによって発電をし、それによって EVA を起動させた。この Cut で回されているのは、ディーゼルの始動に使われたセルモーターのスイッチ。

Cut 262 非常用バッテリー

ディーゼルエンジンを使い起動した後、EVA は非常用バッテリーを使い活動した。この Cut で EVA の肩パーツに取りつけられたのがチューインガム型非常用バッテリー。

Cut 264 ノリノリのリツコ

ミサトが不在のため、E 計画責任者であるリツコが EVA の作戦指揮をしている。「発進!」と叫ぶリツコのポーズは、まるでミサトの様。

Cut 272 縦穴

第9の使徒が溶解液を垂らした縦穴は、第六話で第6の使徒のシールドが空けた穴である。

Cut 276 ハード・ケース

この時、初号機と弐号機は両肩の肩パーツに非常用バッテリーを装着しているが、弐号機のみ右肩の肩パーツにパレット・ライフルを収納したハード・ケースをつけている。この Cut において溶解液で溶けてしまったのが、そのハード・ケースである。ハード・ケースの一部が溶けてしまったため、EVA が落下しかかった時にパレット・ライフルが下に落ちてしまった。

Cut 323 非常制御用固体ロケット

肩パーツからの噴射で、落下速度を落とす。実戦で使われたのは、これが初めて。初号機、弐号機にも同じ機能がある。

目次へ戻る(C)

HOMEその他『新世紀エヴァンゲリオン』備忘録第拾壱話 静止した闇の中で


この文書について

URI
http://www.mtblue.org/etc/evangelion/
この文書へは、トップページ、その他のリソース、『新世紀エヴァンゲリオン』備忘録、とリンクをたどることで到達できます。
最終改訂日
20111123日 (水) 】
ご連絡・お問い合わせ先
青山 までお願いします。次の二通りの方法がご利用いただけます。
http://www.mtblue.org/contact/ 】 (サイト上のメールフォームから連絡する)
webmaster@mtblue.org 】 (通常の電子メールで連絡する)

© 2000-2019 AOYAMA Naoki, mtblue.org, All Rights and Responsibilities Reserved.