また、トップページからこのページまでのアクセスの経路を示す情報を提供しています。この情報は、ページの先頭付近と終端付近で合計二度提供されていますので、この情報が二度目に出現した箇所を、ページの終端と捉えていただくことができます。一度目の出現はこのご案内の直後です。すなわち、次のような形式で提供しています。以上で、ご案内を終わります。


HOMEその他『新世紀エヴァンゲリオン』備忘録第四話 雨、逃げ出した後


第四話 雨、逃げ出した後

互いに身を寄せ合おうとして、傷つけ合い、そして、それでもなお身を寄せずにはいられない、二匹の小動物の様なシンジとミサトの二人を描く。EVA が全く活躍しないエピソードであるが、そのテーマを考えれば実に『エヴァンゲリオン』的なエピソードであるとも言える。

絵コンテの甚目喜一とは、『美少女戦士セーラームーン』等で知られる佐藤順一。これは彼がロボットアニメの絵コンテを担当した際に使うペンネームなのだ。この後も、彼は『エヴァンゲリオン』で戦闘シーンのほとんど無い、ドラマ中心のエピソードを手がけることになる。薩川昭夫は実写映画『屋根裏の散歩者』等を手がけた脚本家。GAINAX ファンは『ふしぎの海のナディア』での凝ったフィルム編集の仕事も忘れられない。この第参話、第四話でも、彼の練り込んだ台詞を堪能することができる。

邦題
第四話 雨、逃げ出した後
英題
EPISODE:4 Hedgehog's Dilemma
放映日時
平成7年10月25日
脚本
薩川昭夫
絵コンテ
甚目喜一
演出
加賀剛
作画監督
重田智

目次

A パート

Cut 3 目覚まし時計

ミサトの布団の脇に置いてある。NERV のロゴマーク入りである。秘密の組織の割にネルフにはこういった製品が多い。

Cut 34 環状線

正式名称は第3新東京市第7環状線。第3新東京市は中央に兵装ビル等の建つ新市街があり、その周囲を旧市街が取り囲む、というのが概ねの形である。この環状線は旧市街を走っており、その半径は、現在の東京・山手線くらいと思われる。一本のレールの上を走るリニアモーターカーだが、意外と振動も騒音もある。

Cut 48 映画

シンジが入ったオールナイト興行の映画館でかかっていた映画は、セカンドインパクトをモデルにしたパニック映画。かなりクラシックなタイプの作品である様だ。

Cut 64 映画館の看板

シンジが入った映画館の看板。フレームアウトしているが、「世界沈没……」「セカンドインパクト」等のタイトルを読み取る事が出来る。パニック映画特集だったのだろう。

Cut 86 芦ノ湖

歩くシンジの向こう側に見える湖は芦ノ湖である。大抵の子供の家出が、親が連れ戻してくれる範囲をウロウロするように、家出したシンジもミサトのもとから遠く離れはしない。

Cut 89 第3新東京市全景

シンジが山から見下ろしている都市は第3新東京市。遠くに建っている細長い建物は、集光ビル。

Cut 101 回想シーンの車

車は14式大型移動指揮車。同じ車両が第六話にも登場する。この回想は第3の使徒との戦いの直後の事である。

目次へ戻る(C)

B パート

アイキャッチ

第四話の英文サブタイトルは「Hedgehog's Dilemma」。ヤマアラシのジレンマは正確な英文表記では「Porcupine Dilemma」であるから、これは直訳ではない。Hedgehog はハリネズミの事。さて、わざわざ「ハリネズミのジレンマ」という英文サブタイトルをつけたのは何故なのだろうか。ヤマアラシとハリネズミでは、ヤマアラシの方が棘が堅くて(青山注:「硬くて」の誤植か)長い。

Cut 135 「夜は、いいよな。あのうるさい蝉が鳴かないから」

ケンスケの台詞。第壱話以来、蝉の鳴き声があちこちのシーンで聞こえている。第参話の解説でも触れた様に、本作では、日本に四季が無く一年中、夏である。蝉の声がいつも聞こえるのは、生態系の変化と常夏の環境の両方の為なのだろう。

Cut 161 ミサトとシンジ

ネルフ内の薄暗い部屋で再会するシンジとミサト。第三者から見れば、シンジの家出はミサトを含む周囲の状況に「甘える」為の行為である。このシーンでミサトはシンジを「大人として」叱ればよかったのかもしれない。だが、ミサトは感情をむき出し、彼を拒絶してしまった。シンジの「家出」とミサトの「拒絶」が、「ヤマアラシのジレンマ」で言うところの棘なのである。

Cut 189 新箱根湯本駅

美術デザイン上のモデルは、小田急線の箱根湯本駅。現在の箱根湯本駅が位置する地域は『エヴァンゲリオン』の世界では水没してしまっている。

Cut 196 ネルフ保安諜報部の自動車

黒服の男たちに相応しい黒塗りの自動車。屋根に大きく NERV と書かれている。なかなか大胆である。

Cut 216 駅前商店街の歌謡曲

シンジがトウジを殴った後、遠くから演歌が聞こえてくる。駅前商店街が流しているものと思われる。曲は、奥井雅美の歌う「Bay side love story -from Tokyo-」。アルバム「GYUU」に収録された曲だ。

Cut 243 政府専用の特別列車

リニア式小田急ロマンスカー。画面では見えないが、展望席等もついている。民間人は乗る事ができない列車だが、シンジはこれに乗って第3新東京市を離れるはずだった。

Cut 261 ミサトの自動車

アルビーヌ ルノー A310 。第壱話、第弐話で登場したのは、同じ型の車を電気自動車に改造したものだが、ここに登場しているのは、改造していないガソリン車である。ハンドルも左ハンドルのまま、排気音も聞こえる。彼女はカーマニアでクラシックカー(つまり、現代の自動車)を何台も所有しているのだ。現代においてもマニアックな車であるアルビーヌ ルノー A310 も二台持っており、その片方を改造したのである。

Cut 272 50秒の沈黙

ほぼ50秒、ホームにいるシンジと、路上のミサトは、身動き一つ、台詞一つなく見つめ合う。大胆な演出である。また、このシーンにも奥井雅美のヴォーカル曲が流れている。前述のアルバム「GYUU」に収録されている「FACE」である。

目次へ戻る(C)

HOMEその他『新世紀エヴァンゲリオン』備忘録第四話 雨、逃げ出した後


この文書について

URI
http://www.mtblue.org/etc/evangelion/
この文書へは、トップページ、その他のリソース、『新世紀エヴァンゲリオン』備忘録、とリンクをたどることで到達できます。
最終改訂日
20111123日 (水) 】
ご連絡・お問い合わせ先
青山 までお願いします。次の二通りの方法がご利用いただけます。
http://www.mtblue.org/contact/ 】 (サイト上のメールフォームから連絡する)
webmaster@mtblue.org 】 (通常の電子メールで連絡する)

© 2000-2019 AOYAMA Naoki, mtblue.org, All Rights and Responsibilities Reserved.