また、トップページからこのページまでのアクセスの経路を示す情報を提供しています。この情報は、ページの先頭付近と終端付近で合計二度提供されていますので、この情報が二度目に出現した箇所を、ページの終端と捉えていただくことができます。一度目の出現はこのご案内の直後です。すなわち、次のような形式で提供しています。以上で、ご案内を終わります。


HOMEPC関連ちょっとしたTips複数の相手に同じ内容のメールを送信したい


複数の相手に同じ内容のメールを送信したい

同じ内容のメールを複数のアドレスに送るには CCBCC を利用しますが、その目的によって使い分ける必要があります。

CCで送る場合

CC に指定した宛先には、文字通り「写し」としてメールが送信されます(デジタルデータなので原本も写しもないのですが)。受信した相手は、そのメールの宛先と CC に指定されたアドレスを読み取ることが可能なので、同窓会の案内など、送信先の人物がお互いにお互いのメールアドレスを知っている場合には、CC を使用してメールを送るとよいでしょう。

BCCで送る場合

BCC も「写し」であることは同じですが、"Blind" の名称が示すように、受信者は BCC に指定されたアドレスを読み取ることができません。従って、自分のメールアドレスの変更通知などでアドレス帳に登録している宛先に一斉にメールを送信するといった、送信先の人物がお互いにお互いのメールアドレスを知らない場合(知らせてはまずい場合)には、BCC を使用してメールを送るとよいでしょう。

Outlook Express の場合、どういうわけかデフォルトでは BCC の入力欄が非表示になっているので、表示するように設定を変更する必要があります。

メッセージの作成画面で「表示」→「すべてのヘッダー」にチェックを入れることで、BCC の入力欄が表示されるようになります。

例えば、A という受信者を CC に、B という受信者を BCC に指定して送信した場合、A には自分にしかメッセージが送られていないように見えますが、B は A と B に送られたということが分かります。気をつけましょう。


HOMEPC関連ちょっとしたTips複数の相手に同じ内容のメールを送信したい


この文書について

URI
http://www.mtblue.org/pc/tips/
この文書へは、トップページ、PC関連、ちょっとしたTips、とリンクをたどることで到達できます。
最終改訂日
20111123日 (水) 】
ご連絡・お問い合わせ先
青山 までお願いします。次の二通りの方法がご利用いただけます。
http://www.mtblue.org/contact/ 】 (サイト上のメールフォームから連絡する)
webmaster@mtblue.org 】 (通常の電子メールで連絡する)

© 2000-2019 AOYAMA Naoki, mtblue.org, All Rights and Responsibilities Reserved.