また、トップページからこのページまでのアクセスの経路を示す情報を提供しています。この情報は、ページの先頭付近と終端付近で合計二度提供されていますので、この情報が二度目に出現した箇所を、ページの終端と捉えていただくことができます。一度目の出現はこのご案内の直後です。すなわち、次のような形式で提供しています。以上で、ご案内を終わります。


HOMEPC関連ちょっとしたTipsメールアドレスを収集されにくくしたい


メールアドレスを収集されにくくしたい

2005年4月21日追記:ソフトウェアの進化により、現在、ここで紹介する単純な方法では、満足な成果を上げることはできないでしょう。メールアドレスを一切公開しないか、あるいは、全角文字を使用する・「@」を「☆」などに置き換えて表記し、閲覧者にその旨を伝える、といった原始的な方法なら、それなりに有効かも知れません。

ウェブサイトを持っている場合はページにメールアドレスを明記することが多いですが、ここに書かれたメールアドレスを自動的に収集してリスト化し、スパムメールを送りつける厄介なプログラムが存在します。

数値実体参照を使用する

メールアドレス収集ツールは、HTML 文書のソース中の、"@" を検索してメールアドレスを判別します。従って、"@" を数値実体参照に置き換えてしまえば、何割かの収集ツールからは収集されないようになります。

"@" は、数値実体参照では "@" なので、例えば "foo@bar.com" と記述すれば、ブラウザには "foo@bar.com" と表示させたまま、収集ツールに認識させなくすることが可能となります(このページの "@" は実際に数値実体参照を用いて表示しています)。

メールアドレスの文字列全体を数値実体参照で記述すると、より収集されにくくなります。

ウェブサイトを持っていない場合でも、メールアドレスが公表される形式の掲示板などを利用される方は、注意が必要です。掲示板のスクリプトが数値実体参照をどう処理するかは作者によるところが大きいので、こちらの方が危険度が高いと言えます。

結局、スクリプトを書きました。興味のある向きにはご利用ください。多少の状況の改善にはなると思います。メールアドレス偽装スクリプト


HOMEPC関連ちょっとしたTipsメールアドレスを収集されにくくしたい


この文書について

URI
http://www.mtblue.org/pc/tips/
この文書へは、トップページ、PC関連、ちょっとしたTips、とリンクをたどることで到達できます。
最終改訂日
20111123日 (水) 】
ご連絡・お問い合わせ先
青山 までお願いします。次の二通りの方法がご利用いただけます。
http://www.mtblue.org/contact/ 】 (サイト上のメールフォームから連絡する)
webmaster@mtblue.org 】 (通常の電子メールで連絡する)

© 2000-2019 AOYAMA Naoki, mtblue.org, All Rights and Responsibilities Reserved.