また、トップページからこのページまでのアクセスの経路を示す情報を提供しています。この情報は、ページの先頭付近と終端付近で合計二度提供されていますので、この情報が二度目に出現した箇所を、ページの終端と捉えていただくことができます。一度目の出現はこのご案内の直後です。すなわち、次のような形式で提供しています。以上で、ご案内を終わります。


HOMEPC関連ちょっとしたTipsWindowsが正常に機能(起動)しなくなった


Windowsが正常に機能(起動)しなくなった

不適切なデバイスドライバのインストール・MBR を書き換えるソフトウェア(ディスクチェックプログラムやコンピュータウィルス)により、Windows が正常に機能(起動)しなくなる場合があります。この場合、いくつかの手段によって回復を試みることができます。なお、以下で説明する手段は、いずれも管理者権限でないと行うことができません。

Windowsは起動するが一部の機能が利用できない場合

この方法でシステムを復旧する場合の条件
Windows が起動する
コマンドプロンプトが起動する

Windows 自体は起動するが、ファイルの書き込み・フォルダへのアクセス等、一部の機能でエラーが発生する場合、CHKDSK(Checkdisk)により、復旧できる可能性があります。「スタート」から「ファイル名を指定して実行」を選択し、cmd と入力してください。「コマンドプロンプト」が起動します。ここで、chkdsk /f と入力し、Enter キーを押します(chkdsk と /f の間に半角スペースが必要です)。再起動時に、チェックディスクが実行され、回復可能なエラーの場合、エラーが回復されます。

Windows がインストールされているドライブ以外のドライブ(仮に D ドライブとします)で CHKDSK を実行したい場合は、chkdsk d: /f と入力してください。ただし、再起動後に実行されるチェックディスクは1つのドライブに対してのみです。複数のドライブに対してチェックディスクを行いたい場合は、再度コマンドプロンプトから CHKDSK を実行してください。

Windowsが起動しない場合

この方法でシステムを復旧する場合の条件
Windows が起動しない
Windows 起動ディスクまたは Windows セットアップ CD-ROM が利用可能である

前述の方法では、Windows が起動することが条件です。Windows の起動さえ不可能な場合、Windows の機能の一部である「コマンドプロンプト」は利用できません。この場合、Windows 起動ディスク または Windows セットアップ CD-ROM から、「回復コンソール」を起動して修復する必要があります。

まず、コンピュータが フロッピーディスクドライブまたは CD-ROM ドライブから起動するように BIOS を設定します。画面の指示に従って、回復コンソールを起動します。管理者パスワードを求められたら、Windows のインストール時に設定したパスワードを入力し、Enter キーを押します。コマンド入力画面になったら、chkdsk /p と入力し、Enter キーを押します。チェックディスクが実行され、回復可能なエラーの場合、エラーが回復されます。

また、マルチブート環境でない場合、MBR の修復もここで行うことができます。MBR の修復を行いたい場合、回復コンソールでfixmbr と入力し、Enter キーを押します。こうすることで、適切な MBR が上書きされます。

ただし、MBR を書き換えるウィルスに感染している恐れのある場合には、MBR の修復は行わないでください。システムが完全に起動不能になる可能性があります。


HOMEPC関連ちょっとしたTipsWindowsが正常に機能(起動)しなくなった


この文書について

URI
http://www.mtblue.org/pc/tips/
この文書へは、トップページ、PC関連、ちょっとしたTips、とリンクをたどることで到達できます。
最終改訂日
20111123日 (水) 】
ご連絡・お問い合わせ先
青山 までお願いします。次の二通りの方法がご利用いただけます。
http://www.mtblue.org/contact/ 】 (サイト上のメールフォームから連絡する)
webmaster@mtblue.org 】 (通常の電子メールで連絡する)

© 2000-2019 AOYAMA Naoki, mtblue.org, All Rights and Responsibilities Reserved.