また、トップページからこのページまでのアクセスの経路を示す情報を提供しています。この情報は、ページの先頭付近と終端付近で合計二度提供されていますので、この情報が二度目に出現した箇所を、ページの終端と捉えていただくことができます。一度目の出現はこのご案内の直後です。すなわち、次のような形式で提供しています。以上で、ご案内を終わります。


HOMEPC関連ちょっとしたTips思うように検索できない


思うように検索できない

検索エンジンは必要不可欠ですが、最低限の使い方も知らずに利用していると、いつまで経っても教えて君のままで他人に迷惑がられます。

主語と述語を明確にする

自分が何をしたいのか・知りたいのか、を明確にしてください。検索語は、多くても少なくても三語くらいが適当でしょう。また、いわゆる話し言葉検索(自然言語検索)はまだまだ発展途上なので、助詞を用いるのは避けた方が無難です。

かつ・または・否定・固定を利用する

多くの検索エンジンでは、キーワード(予約語、とも言えるでしょうか)による検索対象の限定が可能です。

例えば Google の場合、単語と単語の間にスペースを入れれば、「AND 検索」になります。「A B」とした場合、「A を含み、かつ B を含む」ページを検索します。「A AND B」と入力しても検索結果は同じです。

「A または B を含む」にしたい場合、「OR 検索」を利用します。書式は、「A OR B」です。OR が大文字でなければならない点に注意してください。

「A を含み B を含まない」にしたい場合、「A -B」とします。マイナスの前にスペースがあり、マイナスの後にはないことに注意してください。

「A の B」という書式で入力すると、「A」「B」がそれぞれ個別に検索されてしまい、「A の B」というまとまりが検索できません。この場合、「"A の B"」と入力することで、「A の B」というまとまりを検索することができます。

以上のことから、「『Apple』と『Steve Jobs』を含み、かつ『歴史』または『経歴』または『歩み』を含み、かつ『Microsoft』と『Bill Gates』を含まない」ページを検索するには、 「apple "steve jobs" 歴史 OR 経歴 OR 歩み -microsoft -"bill gates"」と入力すればよいことになります。大文字・小文字は区別されません。

定型化した表現を知る

特に PC の操作に関する検索の場合、少なくとも見出し語はかなり定型化しています。例えば、用語の意味であれば「〜とは」、操作方法であれば「〜するには」「方法」、といった具合です。これらはより多くのページを閲覧して経験で覚えるしかありませんが、より迅速に検索しようとするならば、こういう労力を惜しむべきではありません。

PC 関連の用語の場合、語尾の長音記号が省略されている場合が多いので、長音記号をつけて検索をすると、検索対象から漏れてしまう場合があります。「コンピューター」ではなく「コンピュータ」で検索をした方が、より適切な検索結果が得られます。


HOMEPC関連ちょっとしたTips思うように検索できない


この文書について

URI
http://www.mtblue.org/pc/tips/
この文書へは、トップページ、PC関連、ちょっとしたTips、とリンクをたどることで到達できます。
最終改訂日
20111123日 (水) 】
ご連絡・お問い合わせ先
青山 までお願いします。次の二通りの方法がご利用いただけます。
http://www.mtblue.org/contact/ 】 (サイト上のメールフォームから連絡する)
webmaster@mtblue.org 】 (通常の電子メールで連絡する)

© 2000-2019 AOYAMA Naoki, mtblue.org, All Rights and Responsibilities Reserved.