また、トップページからこのページまでのアクセスの経路を示す情報を提供しています。この情報は、ページの先頭付近と終端付近で合計二度提供されていますので、この情報が二度目に出現した箇所を、ページの終端と捉えていただくことができます。一度目の出現はこのご案内の直後です。すなわち、次のような形式で提供しています。以上で、ご案内を終わります。


HOMEPC関連ウェブサイト作成関連WCAG1.0適合度チェッカ


WCAG1.0適合度チェッカ

W3C が勧告する WCAG 1.0 の基準に適合しているかを、より簡単に確認する目的で作成しました。このチェックリストは非公式です。また、誤りを含む可能性があります。あくまでも目安としてご利用ください。

本チェッカは、WCAG 1.0 に目を通したことのある方を対象に想定しています。少なくとも日本語訳された WCAG 1.0 を一度以上読み、その趣旨や用語の定義等をご理解いただいていないと、本チェッカを有効に活用していただけないと思います。

本チェッカを作成するにあたって、W3C のサイトで案内されている「W3Cの仕様書等の文書の日本語訳集」の、大藤幹氏・加藤泰孝氏・石川准氏が公開されている WCAG 1.0 の日本語訳を適宜参照しました。この場を借りてお礼とさせていただきます。ただし、三氏の訳に著しい相違がある箇所は、青山が 原文 を参照して訳しました。こちらの方が危ないのは言うまでもないのですが。

このリソースの現在の状態
初版 (2003-07-13版)

目次

注意事項

以下のチェック項目には、「A を用いる場合、B している」や、「A には、B している」などの表現が多数出現します。評価をしようとしているサイトで「A」を用いている・している場合は当然「B」していなければチェックボックスをオンにできませんが、そもそも仮定条件節の「A」を用いていない・していない場合、チェックボックスをオンにしてください(「『B していない』わけではない」ため)。その他、表現にとらわれず合理的に解釈してください。何と高圧的な。

以下のチェック項目に出現する「明示している」とは、「文書中で明文化している」という意味であって、「ソースの見方の分からないユーザーにも見える位置で明文化している」という意味ではない点に注意してください。

以下のチェック項目に出現する括弧による補足事項は、全て青山による注であり、原文の訳ではありません。

表示設定

以下のチェック項目は、それぞれ「優先度1(満たさなければならない;原語 "must satisfy")」・「優先度2(満たすべきである;原語 "should satisfy")」・「優先度3(配慮することが望ましい;原語 "may address")」のいずれかに分類されています。これらをそれぞれ、段階的な強調表示をするように設定可能です。強調表示に設定すると、優先度が高いものから順に、強い強調強調、強調なし、のように表示されるようになります。

目次へ戻る(C)

WCAG 1.0 チェック項目

1. 音声・画像コンテンツには、等価な代替物を用意する

目次へ戻る(C)
2. 色だけに依存しない

目次へ戻る(C)
3. 適切なマークアップとスタイルシートを用いる

目次へ戻る(C)
4. 自然言語の取り扱い情報を明示する

目次へ戻る(C)
5. 適切に変換されるテーブルを用いる

目次へ戻る(C)
6. 新しい技術を取り入れたページは適切に変換されるようにする

目次へ戻る(C)
7. 動的なコンテンツはユーザーが制御できるようにする

目次へ戻る(C)
8. 埋込みユーザーインターフェースの直接アクセシビリティを保証する

目次へ戻る(C)
9. デバイスに依存しない設計をする

目次へ戻る(C)
10. 暫定的な解決策を提供する

目次へ戻る(C)
11. W3C の仕様とガイドラインに従う

目次へ戻る(C)
12. ユーザーの現在の状態を示す情報を提供する

目次へ戻る(C)
13. 明快なナビゲーションを提供する

目次へ戻る(C)
14. 文章(表現)は明瞭で簡潔にする

目次へ戻る(C)
適合度をチェック

目次へ戻る(C)

HOMEPC関連ウェブサイト作成関連WCAG1.0適合度チェッカ


この文書について

URI
http://www.mtblue.org/pc/web/wcag/
この文書へは、トップページ、PC関連、ウェブサイト作成関連、WCAG1.0適合度チェッカ、とリンクをたどることで到達できます。
最終改訂日
20131212日 (木) 】
ご連絡・お問い合わせ先
青山 までお願いします。次の二通りの方法がご利用いただけます。
http://www.mtblue.org/contact/ 】 (サイト上のメールフォームから連絡する)
webmaster@mtblue.org 】 (通常の電子メールで連絡する)

© 2000-2017 AOYAMA Naoki, mtblue.org, All Rights and Responsibilities Reserved.