また、トップページからこのページまでのアクセスの経路を示す情報を提供しています。この情報は、ページの先頭付近と終端付近で合計二度提供されていますので、この情報が二度目に出現した箇所を、ページの終端と捉えていただくことができます。一度目の出現はこのご案内の直後です。すなわち、次のような形式で提供しています。以上で、ご案内を終わります。


HOME書き物まっすぐなこころで


まっすぐなこころで

2003/12/20 8:43 am 。旧題『疑問を呈する箇条書、あるいは自問』(2003/12/17 22:53)、『真直ぐな真心で真を尽くす』(2003/12/19 22:44)。

したいことは何ですか。いましていることは本当にしたいことですか。あの日想い描いた自分といまの自分との間にどれくらいの違いがありますか。あまりにたやすく自分の力に見切りをつけていませんか。あなたの可能性を閉ざしているのは誰ですか。あなた自身ではありませんか。

求めるものは何ですか。金ですか。誉れですか。恋人ですか。それらはあなたを本当に幸せにしますか。あなたと、あなたの周りのすべての人々を幸せにしますか。あなたの周りから悲しい争いごとを取り除きますか。あなただけの満足ではありませんか。一時的な満足ではありませんか。あなたと、あなたをつくってきたすべての人々を、心から喜ばせる力のあるものは何ですか。それは邪でない、優しさに満ちた、まっすぐな心、その美しい心ではありませんか。

冷静であれていますか。自分を一歩引いて見ることができていますか。しようとしていること、話そうとしていることば、手に入れようとしているもの、それらはあなたにどのように働きますか。ほんとうに必要ですか。今夜の食事も心配しなければならない子どもたちが同じこの星にいる現実の中で、あなたが歩こうとしているその道は、どれほどきれいで安全な道ですか。

必死になって抱き締めているものに実体はありますか。虚像ではありませんか。現実から目を背けて顔をうずめることが幸せですか。雲を月を見上げることはありますか。花に鳥に目を喜ばすことはありますか。風に水に耳を澄ますことはありますか。心のゆとりはありますか。背伸びは息苦しいものではありませんか。余分な見栄を置き去り深く息を吸って、天を仰ぐことはありますか。

優しさと厳しさはほどよく釣り合っていますか。自分にも他人にも優しくすることはよいことですか。誰かに優しく、誰かに厳しくするのがほんとうではありませんか。ならば他人に優しく、自分に厳しくするほかないのではありませんか。あなたの心はあなたのもの、あなたの体はあなたの周りの人のものではありませんか。心に厳しく、体に優しくするのがよいのではありませんか。逆になっていませんか。自分を甘やかし、周りの人を心配させてはいませんか。

ほんのすこしだけ立ち止まってはどうですか。心を、父と母からもらった尊い体に宿るその心を、静かに、清かに、浄らかに、穏やかに、平らかに、安らかに、円やかに、大らかに、しとやかに、慎ましやかに、しなやかに、軽やかに、健やかに、まっすぐにして世界を見てみてはどうですか。

あなたの幸せと、あなたの周りの人の幸せは、それほど離れたものではないのではありませんか。きれいな心が優しさを生み、優しさがあなたとあなたの周りの人の笑顔を生み、笑顔が幸せを生むのではありませんか。受け容れて拘らず、与えて惜しまず、譲って奪わず、赦して咎めず、慈しんで比べず、信じて疑わず、励まして妬まず、祈って争わず、懇ろにして騙さず、笑って憎まず、心を配って押し付けず、慕って媚びず、敬って阿らず、律して奢らず、頭を下げてあぐらをかかず、手を携えて追い立てず、真を通して偽らず、真心を尽くして言い訳をせず、偽物の誘惑に囚われず、ほんものの流れに身を委ね、素直に涙を流し、扶け、愛し、勞ることが、あなたと、あなたの周りの人々と、あなたをつくってきたすべての人々と、これからあなたをつくるすべての人々と、この世のすべての命を幸せにすることではありませんか。

天命は何ですか。木をなぎ倒し、花を踏み枯らし、水を濁らせ、空気を汚すことですか。木を植え、花を愛で、水を澄まし、空気を浄めることではありませんか。次の時代のために、護り、遺し、伝えることではありませんか。

世界と未来を見晴るかす広い目と心、自分と歴史を見つめる静かで厳しい目と心、周りの人々と現在を思いやるまっすぐで優しい目と心、私たちができることは、まっすぐな心、まっすぐなことば、まっすぐな行いしかないのではありませんか。

まっすぐに生きることを、あなたも望んでいるのではありませんか。


HOME書き物まっすぐなこころで


この文書について

URI
http://www.mtblue.org/writing/
この文書へは、トップページ、書き物、とリンクをたどることで到達できます。
最終改訂日
20111123日 (水) 】
ご連絡・お問い合わせ先
青山 までお願いします。次の二通りの方法がご利用いただけます。
http://www.mtblue.org/contact/ 】 (サイト上のメールフォームから連絡する)
webmaster@mtblue.org 】 (通常の電子メールで連絡する)

© 2000-2017 AOYAMA Naoki, mtblue.org, All Rights and Responsibilities Reserved.