また、トップページからこのページまでのアクセスの経路を示す情報を提供しています。この情報は、ページの先頭付近と終端付近で合計二度提供されていますので、この情報が二度目に出現した箇所を、ページの終端と捉えていただくことができます。一度目の出現はこのご案内の直後です。すなわち、次のような形式で提供しています。以上で、ご案内を終わります。


HOME配色の変更


配色の変更

このサイトのページの配色を、次の組み合わせから選択し、変更していただくことができます。CSS を利用していますので、CSS に対応した視覚系ブラウザでないと効果がありません。初期状態の配色は好かん・眩しくて眼が疲れる、などの場合にご利用ください。あるいは、ユーザースタイルシートのご利用も提案します。

このページで提供しているのは配色の変更であって、デザイン・レイアウトの変更ではありません(一部の配色を除く)。また、一部のページ(中国語を使用しているために文字コードが EUC-JP でないページ、あるいは 備忘録サイト内検索 などの PHP 以外の言語で書かれているページ)に対しては適用されません。悪しからず。誰か Perl と Ruby での cookie の扱い方を教えてください。

すべての配色は、配色「モノトーン」に上書き(カスケード)され、互いに排他的です。新しい配色を適用した場合、古い配色は解除されます。初期状態(モノトーン)に戻したい場合、配色「モノトーン」を再適用してください。

設定の維持には cookie を利用しています。この設定は、適用から30日間有効です。cookie を強制的に削除したい場合、配色「モノトーン」を適用してください。

現在の配色は、「 MONOTONE(デフォルト) 」です。

目次

MONOTONE

デフォルトの配色です。最も一般的で、慣習にのっとった「伝統的な」配色です。

表示見本:

目次へ戻る(C)

GRAYSCALE

デフォルトの配色「モノトーン」のコントラストを落とした配色です。眼への負担を軽減することができますが、若干気分が沈みます。

表示見本:

目次へ戻る(C)

DARK

配色「モノトーン」や「グレースケール」を反転したような配色です。眼への負担を軽減することができますが、怪しいサイトのような配色です。

表示見本:

目次へ戻る(C)

MS-DOS

見やすさに定評のある MS-DOS プロンプトのような配色です。

表示見本:

目次へ戻る(C)

CALM

背景色に若干黄色を含め、文字対背景のコントラストを落としつつ、暗い印象にならないようにしたものです。眼への負担を軽減することができます。古くからあるウェブサイトではこのような配色を採用しているところも多く、その意味で、この配色も「伝統的な配色」と言えます。

表示見本:

目次へ戻る(C)

IMARI

伊万里焼。

表示見本:

目次へ戻る(C)

MOMO

ももいろ。

表示見本:

目次へ戻る(C)

SAMURAI

侍魂風。洒落です。ユーザビリティー度外視です。この配色のみ、レイアウトが変わります。

表示見本:

目次へ戻る(C)

HOME配色の変更


この文書について

URI
http://www.mtblue.org/
最終改訂日
20111123日 (水) 】
ご連絡・お問い合わせ先
青山 までお願いします。次の二通りの方法がご利用いただけます。
http://www.mtblue.org/contact/ 】 (サイト上のメールフォームから連絡する)
webmaster@mtblue.org 】 (通常の電子メールで連絡する)

© 2000-2017 AOYAMA Naoki, mtblue.org, All Rights and Responsibilities Reserved.