また、トップページからこのページまでのアクセスの経路を示す情報を提供しています。この情報は、ページの先頭付近と終端付近で合計二度提供されていますので、この情報が二度目に出現した箇所を、ページの終端と捉えていただくことができます。一度目の出現はこのご案内の直後です。すなわち、次のような形式で提供しています。以上で、ご案内を終わります。


HOME音楽音楽をより楽しむためのちょっとした情報


音楽をより楽しむためのちょっとした情報

意味が分かれば、もっと楽しめる。

目次

ア行

アダージョ
(伊)[adagio]
ゆるやかに。
アリア
(伊)[aria] (独)[air]
オペラ、オラトリオ、カンタータなどの中の旋律的な独唱曲。
[対] レチタティーヴォ。
アルマンド
(仏)[allemande]
ドイツで起こったゆるやかな2拍子の舞曲。
アレグレット
(伊)[allegretto]
やや速く。
アレグロ
(伊)[allegro]
速く。
アンダンテ
(伊)[andante]
歩くような速さで。
インテルメッゾ
(伊)[intermezzo]
劇やオペラの幕間(まくあい)に演奏される曲で、通常は器楽曲。
[同] 間奏曲。
ヴァリエーション
(仏・英)[variation]
与えられた音楽素材(主題)をもとに、様々な手法でそれを変化させて演奏すること。
[同] 変奏曲。
エチュード
(仏)[étude]
練習曲。
エレジー
(英)[elegy]
悲壮詩・哀悼詩・鎮魂詩、またはそれらの性格をもつ曲。
円舞曲
(独)[walzer] (仏)[valse] (英)[waltz]
19世紀にヴィーンを中心に流行した3拍子の舞曲。男女が抱き合い旋回しながら踊る。舞踏を伴わない演奏会用楽曲としても定着。
[同] ワルツ。
オーヴァチュア
(独)[oubertüre] (英)[overture]
オペラ・オラトリオ・バレーなどのはじめに演奏され、導入の役割を果たす器楽曲。
演奏会用序曲。とくに導入の役割を伴う、独立した器楽曲。
[同] 序曲。
オーケストラ
(英)[orchestra]
管弦楽。また、管弦楽団。
オーパス
(英)[opus]
作品。略記 "op." に数字を続けて、作品番号を示す。
"op." 以外には、モーツァルト で "K(KV)"、バッハで "BWV" などがある。
オクテット
(独)[oktett] (英)[octet]
八重奏・八重唱。
[電算] 情報の単位。1octet=8bits 。多くの場合、1octet=1byte 。
オラトリオ
(伊)[oratorio]
宗教的道徳的内容の歌詞による叙事的な音楽作品。独唱、合唱、オーケストラなどを使用するが、舞台装置や演技を用いない点でオペラと異なる。
目次へ戻る(C)

カ行

ガヴォット
(仏)[gavotte]
17世紀フランスの舞曲。中庸な速度で2/2拍子。
カノン
(伊)[canone] (独)[kanon] (英)[canon]
先行する旋律を後続の旋律が模倣しながら追いかける形式の楽曲。
追走曲・追復曲。輪唱もカノン。
カプリッチョ
(伊)[capriccio] (仏・英)[caprice]
奇想曲。
間奏曲
(伊)[intermezzo]
劇やオペラの幕間(まくあい)に演奏される曲で、通常は器楽曲。
[同] インテルメッゾ。
カンタータ
(伊)[cantata]
声楽曲。独唱・重唱・合唱など。
[対] ソナタ。
カンタービレ
(伊)[cantabile]
歌曲風に。歌うように。
奇想曲
(伊)[capriccio] (仏・英)[caprice]
カプリッチョ。
狂詩曲
(英)[rhapsody] (独)[rhapsodie]
自由奔放な性格をもつ曲。叙事的、民族的な色彩を帯びることが多い。
[同] ラプソディ。
協奏曲
(伊・英・仏)[concerto]
バロック時代のコンチェルトの一形態。独奏楽器群と全合奏を対置させる。合奏協奏曲。コンチェルト・グロッソ。
独奏楽器とオーケストラの協奏曲。18世紀以降、ピアノ、ヴァイオリン、チェロや管楽器などを独奏楽器として盛んに作曲された。ソロ・コンチェルト。
[同] コンチェルト。
クァルテット
(英)[quartet]
四重奏・四重唱。
クインテット
(英)[quintet]
五重奏・五重唱。
組曲
(伊)[partita] (仏・英)[suite] (独)[suiten]
いくつかの小曲あるいは楽章をまとめた複合的な器楽曲。
[同] パルティータ。
[同] スイート。
クラヴィーア
(独)[klavier] (英)[clavier]
鍵盤楽器の総称。
ラテン語で「鍵」を意味する "clavis" から。
ケッヘル番号
(独)[Köchel-Verzeichnis]
オーストリアの植物学者 Ludwig von Köchel (1800〜1877) が、モーツァルト の作品に対して与えた整理番号。年代順。略記 "K" もしくは "KV" に数字を続ける。
数度改訂され、現在用いられているのは初版・第3版・第6版が主。
弦楽
(英)[string(s)]
弦楽器による楽曲。
[同] ストリング(ス)。
幻想曲
(英)[fantasy]
幻想的・夢幻的な雰囲気をもつ曲。
[同] ファンタジー。
交響曲
(伊)[sinfonia] (英)[symphony]
オーケストラのための多楽章の器楽曲。
[同] シンフォニー。
行進曲
(英)[march]
行進に用いられる曲。また、その描写をした曲。
[同] マーチ。
コンチェルト
(伊・英・仏)[concerto]
バロック時代のコンチェルトの一形態。独奏楽器群と全合奏を対置させる。合奏協奏曲。コンチェルト・グロッソ。
独奏楽器とオーケストラの協奏曲。18世紀以降、ピアノ、ヴァイオリン、チェロや管楽器などを独奏楽器として盛んに作曲された。ソロ・コンチェルト。
[同] 協奏曲。
目次へ戻る(C)

サ行

作品番号
(英)[opus]
ある作曲家の作品に対する通し番号。年代順のほか、種類ごとに番号を振る場合がある。略記 "op." に数字を続ける。
"op." 以外には、モーツァルト で "K(KV)"、バッハで "BWV" などがある。
サラバンド
(仏)[sarabande] (英)[saraband]
17、18世紀のヨーロッパの舞曲。ゆるやかな3拍子。
ジーグ
(仏)[gigue]
17、18世紀に流行した3拍子の舞曲。多く組曲の最終楽章におかれた。
受難曲
(仏・独・英)[passion]
キリストの受難の物語を題材にした音楽。
[同] パッション。
小夜曲
(伊)[serenata] (仏)[sérénade] (独・英)[serenade]
原義は「夕べに恋人の家の窓下で歌われる愛の歌」。
のち、多楽章の器楽曲に付けられた題名。多くは管楽・弦楽・管弦楽のための比較的軽い性格の多楽章の楽曲。
[同] セレナーデ・セレナード・セレナータ。
[同] 夜曲。
序曲
(独)[oubertüre] (英)[overture]
オペラ・オラトリオ・バレーなどのはじめに演奏され、導入の役割を果たす器楽曲。
演奏会用序曲。とくに導入の役割を伴う、独立した器楽曲。
[同] オーヴァチュア。
シンフォニー
(伊)[sinfonia] (英)[symphony]
オーケストラのための多楽章の器楽曲。
[同] 交響曲。
スイート
(伊)[partita] (仏・英)[suite] (独)[suiten]
いくつかの小曲あるいは楽章をまとめた複合的な器楽曲。
[同] 組曲。
[同] パルティータ。
ストリング(ス)
(英)[string(s)]
弦楽器による楽曲。
[同] 弦楽。
[プログラミング] 任意の文字列。
セクステット
(英)[sextet]
六重奏・六重唱。
セプテット
(英)[septet]
七重奏・七重唱。
セレナーデ
(伊)[serenata] (仏)[sérénade] (独・英)[serenade]
原義は「夕べに恋人の家の窓下で歌われる愛の歌」。
のち、多楽章の器楽曲に付けられた題名。多くは管楽・弦楽・管弦楽のための比較的軽い性格の多楽章の楽曲。
[同] セレナード・セレナータ。
[同] 小夜曲。
[同] 夜曲。
前奏曲
(伊)[preludio] (仏)[prélude] (独)[volspiel] (英)[prelude]
組曲やフーガの冒頭で演奏される導入的な役割の楽曲。
また、独立した楽曲としての前奏曲。
[同] プレリュード。
ソナタ
(伊・英)[sonata] (独)[sonate]
器楽曲。とくに、4楽章程度で構成されるもの。
[対] カンタータ。
ソロ
(英)[solo]
独奏・独唱。
目次へ戻る(C)

タ行

デュオ
(英)[duo]
二重奏・二重唱。
ドゥアー
(独)[dur] (英)[major]
長調。
[同] メジャー。
トッカータ
(伊)[toccata]
鍵盤楽器のための即興的で技巧的な楽曲。
トリオ
(英)[trio]
三重奏・三重唱。
目次へ戻る(C)

ナ行

ノクターン
(仏・独・英)[nocturne]
ショパンが創始したピアノのための小品。静かで哀愁を帯びた曲。
[同] 夜想曲。
目次へ戻る(C)

ハ行

パヴァーヌ
(仏)[pavane]
16、17世紀の宮廷舞踏。ゆるやかな2拍子。
バガテル
(仏)[bagatelle]
ピアノの小品。
パルティータ
(伊)[partita] (仏・英)[suite] (独)[suiten]
いくつかの小曲あるいは楽章をまとめた複合的な器楽曲。
[同] 組曲。
[同] スイート。
ファルセット
(伊)[falsetto]
裏声・仮声。
ファンタジー
(英)[fantasy]
幻想的・夢幻的な雰囲気をもつ曲。
[同] 幻想曲。
フィルハーモニー
(独)[philharmonie]
原義は「音楽を愛する」。
プレスト
(伊)[presto]
急速に。極めて速く。
プレリュード
(伊)[preludio] (仏)[prélude] (独)[volspiel] (英)[prelude]
組曲やフーガの冒頭で演奏される導入的な役割の楽曲。
また、独立した楽曲としての前奏曲。
[同] 前奏曲。
平均律
(英)[temperament]
オクターヴを等分割して割り出した音律。
変奏曲
(仏・英)[variation]
与えられた音楽素材(主題)をもとに、様々な手法でそれを変化させて演奏すること。
[同] ヴァリエーション。
ポルカ
(伊・仏・独・英)[polka]
ボヘミアで起こり、欧州に広がった、速いテンポの2拍子の舞曲。
ボレロ
(スペイン)[bolero]
スペインの舞曲。
ポロネーズ
(仏)[polonaise]
ポーランドの舞曲。ゆるやかな3/4拍子。
目次へ戻る(C)

マ行

マイナー
(独)[moll] (英)[minor]
短調。
[同] モール。
マエストーソ
(伊)[maestoso]
堂々と。威厳をもって。
メサイア
(ヘブライ)[the Messiah]
ヘンデル作曲のオラトリオの曲名。
(ユダヤ教で)救世主。メシア。
(キリスト教で)キリスト(の尊称)。
("messiah" と綴って)救済者。
メジャー
(独)[dur] (英)[major]
長調。
[同] ドゥアー。
メヌエット
(伊)[menuetto] (仏)[menuet] (独)[menuett] (英)[minuet]
17世紀フランス起源の3拍子の典雅な舞曲。
モール
(独)[moll] (英)[minor]
短調。
[同] マイナー。
目次へ戻る(C)

ヤ行

夜曲
(伊)[serenata] (仏)[sérénade] (独・英)[serenade]
原義は「夕べに恋人の家の窓下で歌われる愛の歌」。
のち、多楽章の器楽曲に付けられた題名。多くは管楽・弦楽・管弦楽のための比較的軽い性格の多楽章の楽曲。
[同] セレナーデ・セレナード・セレナータ。
[同] 小夜曲。
夜想曲
(仏・独・英)[nocturne]
ショパンが創始したピアノのための小品。静かで哀愁を帯びた曲。
[同] ノクターン。
ユモレスク
(仏)[humoresque]
軽快で滑稽味のある小曲。
目次へ戻る(C)

ラ行

ラプソディ
(英)[rhapsody] (独)[rhapsodie]
自由奔放な性格をもつ曲。叙事的、民族的な色彩を帯びることが多い。
[同] 狂詩曲。
レクイエム
(英)[requiem]
カトリック教会で行われる、死者のためのミサ曲。鎮魂曲。
レチタティーヴォ
(伊)[recitativo]
オペラ、オラトリオ、カンタータなどで歌われれる叙述的な独唱曲。語るように歌われる。
[対] アリア。
練習曲
(仏)[étude]
エチュード。
ロマンス
(英・仏)[romance] (独)[romanze]
物語ふうの歌をイメージした器楽曲。
ロンド
(伊・仏・英)[ronde]
主題が異なる楽想をはさんで反復される形式の楽曲。
目次へ戻る(C)

ワ行

ワルツ
(独)[walzer] (仏)[valse] (英)[waltz]
19世紀にヴィーンを中心に流行した3拍子の舞曲。男女が抱き合い旋回しながら踊る。舞踏を伴わない演奏会用楽曲としても定着。
[同] 円舞曲。
目次へ戻る(C)

参考


HOME音楽音楽をより楽しむためのちょっとした情報


この文書について

URI
http://www.mtblue.org/music/
この文書へは、トップページ、音楽、とリンクをたどることで到達できます。
最終改訂日
20111123日 (水) 】
ご連絡・お問い合わせ先
青山 までお願いします。次の二通りの方法がご利用いただけます。
http://www.mtblue.org/contact/ 】 (サイト上のメールフォームから連絡する)
webmaster@mtblue.org 】 (通常の電子メールで連絡する)

© 2000-2017 AOYAMA Naoki, mtblue.org, All Rights and Responsibilities Reserved.