また、トップページからこのページまでのアクセスの経路を示す情報を提供しています。この情報は、ページの先頭付近と終端付近で合計二度提供されていますので、この情報が二度目に出現した箇所を、ページの終端と捉えていただくことができます。一度目の出現はこのご案内の直後です。すなわち、次のような形式で提供しています。以上で、ご案内を終わります。


HOME水創工房水槽周りの計算をするためのスクリプト


水槽周りの計算をするためのスクリプト

塩浴等での必要な塩の量

取り急ぎの作成。例外処理等まだ詰めていません。自己責任で。目安で。

「塩」の部分を読み替えれば、他の薬品やカルキ抜き等の場合も計算できます。需要は私。

水槽の水量: リットル (例:800cc の場合は「0.8」と入力)

必要な塩分濃度: %

(通常は0.5〜2%程度を使用します。2%はかなり「濃い」です。参考:平均的な海水の塩分濃度は約3.5%です)

投入すべき塩の量: グラム

°dH/ppm/EC(mS/cm)の変換

ドイツ硬度(°dH)とアメリカ硬度(ppm)、およびEC値の変換をします。

それぞれ、直接には測定している物質が異なる(=算出方法が異なる)ため、厳密には相互に等価でないことをご理解ください。しかし正しく読み取ることにより、重要な判断材料になります。

それぞれの単位系での実際の使用場面は、概ね、次のような区別があります。°dHを取得する場合、水中のカルシウムイオンの量を把握する意味合いが大きいです。主に魚類の体表のトラブルを避けるために使用します。ppm を取得する場合、水中の不純物の総量を把握する意味合いが大きいです。主に水の純度(清浄度)を知るために使用します。EC値を取得する場合、水中の硝酸態窒素の量を把握する意味合いが大きいです。主に植物への施肥の判断のために使用します。

実測値:

別の単位系での相当値:°dH = ppm = mS/cm[EC]


HOME水創工房水槽周りの計算をするためのスクリプト


この文書について

URI
http://www.mtblue.org/suisokobo/
この文書へは、トップページ、水創工房、とリンクをたどることで到達できます。
最終改訂日
20131212日 (木) 】
ご連絡・お問い合わせ先
青山 までお願いします。次の二通りの方法がご利用いただけます。
http://www.mtblue.org/contact/ 】 (サイト上のメールフォームから連絡する)
webmaster@mtblue.org 】 (通常の電子メールで連絡する)

© 2000-2021 AOYAMA Naoki, mtblue.org, All Rights and Responsibilities Reserved.